羽田登喜男はたときお

明治44年~平成20年:金沢市に生まれる。加賀友禅を南野耕月に、京友禅を曲子光峰に学ぶ。昭和12年京都で独立。30年第2回日本伝統工芸展に初入選、51年東京都教育委員会賞受賞。63年友禅で重要無形文化財保持者に認定される。日本工芸会参与。加賀友禅と京友禅を融合させた精緻で華麗な独自の世界を展開した。