藤井観文ふじいかんぶん

明治21~昭和48:輪島市に生まれる。本名徳一。橋本佐助に師事。一時日本画に転向し、川合玉堂に師事、日本画で日本美術院展、帝展に入選。再び工芸に戻り、昭和13年第2回新文展に初入選、21年日展特選。31年第3回日本伝統工芸展初入選、39年文化財保護委員会委員長賞、40年日本工芸会総裁賞を受賞。日本工芸会正会員。