前 大峰マエタイホウ

明治23~昭和52(1890~1977):輪島市に生まれる。本名得二。沈金を三代橋本佐助に師事。昭和4年第10回帝展に初入選、5年特選。以後、新文展、日展、日本伝統工芸展で活躍する。30年沈金で重要無形文化財保持者に認定される。古くからある輪島の沈金技法に独自の点彫りの技法を加えることで、立体感あふれる芸術的表現を可能とした。