松田権六まつだごんろく

明治29~昭和61:金沢市に生まれる。石川県立工業学校漆工科描金部を卒業、大正8年東京美術学校漆工科卒業。六角紫水に師事。昭和2年第8回帝展初入選以後、新文展、日展、日本伝統工芸展で活躍する。22年芸術院会員。30年蒔絵で重要無形文化財保持者に認定される。日本工芸会創立に参加。51年文化勲章受章。日本や中国の古典漆芸作品を深く究め、それらを総合的に発展させた格調高い作風を築く。