宮本三郎みやもとさぶろう

明治38~昭和49:小松市に生まれる。上京後、川端画学校に学んで藤島武二の指導を受け、のち安井曾太郎に師事。昭和2年第14回二科展に初入選、以後同展に出品する。陸軍省から派遣されて南方戦線に取材した「山下・パーシバル両司令官会見図」が18年第2回帝国芸術院賞受賞。戦後、22年に二紀会を創立し、その中心的存在となって会の運営にあたる。芸術院会員、二紀会理事長。