吉田三郎よしださぶろう

明治22~昭和37:金沢市に生まれる。明治45年東京美術学校彫刻科卒業、板谷波山に師事。43年第4回文展初入選、以後帝展・新文展・日展に出品し、大正7・8年特選受賞、審査員を22回つとめる。12年白日会を結成、徹底した写実主義を基礎に、ロダンやムーニエのロマン主義的要素を取り入れて、独自の作風を確立した。日本芸術院会員。昭和37年没。