吉田楳堂よしだばいどう

明治29~昭和61:小松市に生まれる。本名久。村上九郎作に師事し、木彫の技術を修めたのち、彫漆を修める。昭和7年第13回帝展に初入選、以来新文展、日展に連続して入選し、22年特選、27年特選・朝倉賞を受賞する。30年より日本伝統工芸展で活躍。日本工芸会正会員。