野田九浦のだきゅうほ

明治12~昭和46:東京に生まれる。本名道三。明治29年東京美術学校日本画科に入学、31年退学し、日本美術院研究生となる。また、白馬会研究所で洋画を学ぶ。小西皆雲・北條玉洞・寺崎広業に師事。日本絵画協会絵画共進会二等褒状、40年文展二等賞、大正6年特選。帝国芸術院会員、日展顧問。23年から金沢美術工芸専門学校・短期大学で教授。昭和46年没。