石野竜山いしのりゅうざん

文久元~昭和11:金沢市に生まれる。初名兵太郎。八田逸山に陶画を学び、松原新助について製陶を研究する。上絵の具の研究による独自の作品を制作し、大正5年石川県より実業功労者として表彰される。晩年は九谷焼界の重鎮として活躍し、その繊細緻密な細描の技術は高く評価されている。