板谷波山いたやはざん

明治5~昭和38:茨城県に生まれる。本名嘉七。明治27年東京美術学校彫刻科卒業。29年白井雨山の後任として石川県立工業学校彫刻科主任となり、31年陶磁科に移る。陶磁器の研究に没頭、36年退職し、東京で作陶に専念。日本芸術院会員となり文化勲章を受章。葆光彩磁はその独得の美しさと格調の高さで知られる。