今尾和雄いまおかずお

明治31~昭和48:福井県に生まれる。大正12年、今尾家の養子となる。今尾家は代々画家の家系で、日本画家・今尾景年は祖父にあたる。家業の染繍加工を継いで、婚礼衣装を主に制作する。昭和10年、第18回美展より入会し、時代を反映させた意欲的な作品を制作する。