大場松魚おおばしょうぎょ

大正5~平成24 :金沢市に生まれる。本名勝雄。昭和8年石川県立工業学校図案絵画科卒業。父宗秋、松田権六に師事。21年第1回日展初入選。31年日本伝統工芸展初入選、以後同展で活躍する。蒔絵の中でもとりわけ平文の技法に秀でており、57年蒔絵で重要無形文化財保持者に認定される。元石川県輪島漆芸技術研修所所長。日本工芸会参与。