尾形光琳おがたこうりん

万治元~享保元:京都の富裕な呉服商雁金屋の第二子に生まれる。名は市之丞・惟富・惟亮・方祝、号は光琳・道嵩・青々など。絵画ははじめ狩野派の山本素軒・素程父子につき、ついで俵屋宗達に私淑して独自の画風を樹立した。その才能は漆芸・染織など工芸全般に及び、琳派の祖と呼ばれるようになった。