金岡宗幸かなおかそうこう

明治43年~昭和57年 (1910~82):金沢市に生まれる。本名幸次。父幸一郎に師事。祖父の代より鋳物を家業とする。昭和14年砂張糸目鋳造の研究開発に成功する。44年第16回日本伝統工芸展に初入選、45年東京都教育委員会賞を受賞。日本工芸会正会員。57年鋳造砂張で石川県指定無形文化財保持者に認定される。