木島桜谷このしまおうこく

明治10~昭和13:京都市に生まれる。本名文治郎。今尾景年に師事。明治32年全国絵画共進会で受賞し、以後、京都美術協会展、新古美術品展などで活躍。文展では第1・2・5・6回展で二等賞、第3・4回展で三等賞を受賞し、第7回展よりたびたび審査員をつとめた。また京都市立美術工芸学校、絵画専門学校で後進の育成にも努めた。