清水錬徳しみずれんとく

明治37~平成7:小松市に生まれる。本名貞吉。大正15年東京本郷研究所に入所し、岡田三郎助・満谷国四郎に師事、昭和3年同研究所を修了。5年第17回二科展に「麹町風景」が入選、1930年展、白日会展などに出品。7年第2回独立美術展に「ニコライ堂を望む」を初出品以来同展に入選を重ね、15年第10回独立展で協会賞を受賞。東洋美術学校教授。平成4年独立美術協会会員功労賞受賞。初期から、日本的なフォーヴィスムといわれるような主観的な自然観賞による風景画を多く描いた。独立美術協会会員、独立10人の会幹事。平成7年年没。