高光一也たかみつかずや

明治40~昭和61:金沢市に生まれる。大正14年県立工業学校図案絵画科卒業。昭和4年第16回二科展に「卓上静物」で初入選し、同年より中村研一に師事する。7年第13回帝展に「兎の静物」で初入選。12年第1回新文展に「藁積む頃」で特選。21年金沢美術工芸専門学校の創設に加わり、短大・大学時代までを通じて多くの後進を指導。38年第6回新日展文部大臣賞、46年、前年の第2回改組日展出品作の「緑の服」などにより芸術院賞を受賞。芸術院会員、文化功労者。昭和61年没。