中村翠恒なかむらすいこう

明治36~昭和60:加賀市に生まれる。本名恒。初代中村秋塘の次男。大正13年県立工業学校卒業、京都国立陶磁研究所に進み、河村蜻山に学ぶ。3代秋塘を襲名、のち甥にゆずり、以後翠恒を名乗る。昭和3年第9回帝展初入選、新文展・日展に出品し、22・28年特選、45年文部大臣賞受賞。石川県指定無形文化財九谷焼技術保存会初代会長。日展参与。