野々村仁清ののむらにんせい

丹波国野々村、現在の京都府で生まれる。江戸時代初期の陶工で、京焼の完成者。名は清右衛門。茶人金森宗和に認められ、いわゆる宗和好みの茶陶を作り出す。典雅優麗な色絵の作品は日本陶磁史において卓越した存在である。