Loading
画面を読み込んでいます

所蔵品のご案内Collection

No:04004600加賀象嵌孔雀香炉かがぞうがんくじゃくこうろIncense burner in shape of peacock in inlay

作家名
高橋介州 / たかはしかいしゅう / TAKAHASHI Kaishu
制作年
1956年/20世紀/昭和(戦後)
サイズ
幅 37.1 × 奥行 22.7 × 高 31.5
その他
  • [形状]香炉
  • [数量]1個
  • [技法]象嵌
作品解説
加賀象嵌孔雀香炉:高橋介州/尾羽を広げた孔雀の姿をした香炉で、鉄地に銀を主体に一部赤銅を加えて、作者一流の加賀象嵌技法により象嵌している。尾羽の部分は、曲面の内側に鑿をあてて掘り下げ、アリを立てて象嵌するという高度な技が駆使されている。また、羽毛の部分の青海波模様を全面に埋めたものと線で表したものと変化を求めている。色絵磁器などの華やかなものとは異なる、金属のみが持つ簡素な渋い味わいが良く出ている作品である。
ページの最上部へ