Loading
画面を読み込んでいます

所蔵品のご案内Collection

[石川県指定文化財]No:07009500秋草図あきくさずFlowering plants of autumn.

作家名
喜多川相説 / きたがわそうせつ / KITAGAWA So^setsu
制作年
17世紀/江戸
サイズ
縦 160 × 横 410
テーマ
草花/琳派
その他
  • [形状]屏風装
  • [材質]紙本
  • [数量]6曲1双
  • [技法]著色
作品解説
石川県指定文化財 秋草図:喜多川相説/萩・薄・芙蓉・菊などを、円孤をえがくように配して、その手前には女郎花や秋海棠・擬宝珠・葉鶏頭などを、並列的に没骨法の技法で描いている。各隻に「相説法橋」の款記と「宗雪」の朱白文小方印、「伊年」の朱文円印があるが、宗雪画が金地の効果を生かしながら、華麗で洗練された装飾性を感じさせるのに対し、相説画は紙本で墨と淡彩を主調とし、淡白な趣を持つ。
ページの最上部へ