Loading
画面を読み込んでいます

所蔵品のご案内Collection

No:11005500杜若かきつばたKakitsubata (the role of Noh play)

作家名
吉田三郎 / よしださぶろう / YOSHIDA Saburo^
制作年
1953年/20世紀/昭和(戦後)
サイズ
高 144.5 × 幅 90.5 × 奥行 60.5
テーマ
人物/芸能
その他
  • [材質]ブロンズ
  • [数量]1点
作品解説
杜若:吉田三郎 / 能の「杜若」の一場面を制作したものである。冠と唐衣をつけて登場してきた杜若の精の幽玄美をとらえており、張りのある唐衣の姿と柔和な女面の対照的な美しさがよく表現されている。作者が東京在住であったことから、冠は観世流のものがついているが、金沢は加賀宝生の地であり、金沢駅前に立てられた「杜若」には市民からの要望で宝生流の冠を付けた。
初出展覧会
第30回白日回展
ページの最上部へ