Loading
画面を読み込んでいます

所蔵品のご案内Collection

[石川県指定文化財]No:02002800蒔絵虎溪三笑図織部棚まきえこけいさんしょうずおりべだなOribe style shelf, with Kokei- Sansho design, in maki-e

作家名
伝幸阿弥長玄 / こうあみちょうげん / Attributed to KOAMI Chogen
制作年
16世紀/桃山
サイズ
幅 72.8 × 奥行 32.7 × 高 66.3
テーマ
虎溪三笑/説話
その他
  • [形状]棚
  • [数量]1基
  • [技法]蒔絵
作品解説
石川県指定文化財 蒔絵虎溪三笑図織部棚:伝幸阿弥長玄/上から一の棚板に左から右に伸びた梅の枯木、二の棚板に中国の故事である虎溪三笑図、三の棚板に香包、四の棚板に香炉、扉に柴垣、側面に撫子文を蒔絵を主体に平蒔絵、金銀の切金などの技法を駆使して表現した厨子棚で、茶人古田織部の好みに応じて作られたと伝える。作者は幸阿弥長晏の弟である幸阿弥長玄と伝えられるが、同形態・同意匠の棚が東京国立博物館をはじめ数基知られている。
ページの最上部へ