Loading
画面を読み込んでいます

所蔵品のご案内Collection

No:03010500憩いのあといこいのあとAfter the rest. (Three-fold screen, dyeing)

作家名
成竹登茂男 / なりたけともお / NARITAKE Tomoo
制作年
1955年/20世紀/昭和(戦後)
サイズ
縦 172.8 × 横 167
その他
  • [形状]屏風
  • [数量]3曲1隻
  • [技法]染色
作品解説
憩いのあと:成竹登茂男/白のビロード地に鼠色の濃淡と黒が主調で、細部に赤・黄があしらってあり、いろいろな形の椅子をモチーフに光と影を交錯させた作品である。それまでの写実風の作品を制作していた作者にとって、この作品は飛躍の意味で半抽象的なものをねらったものである。従来の型を破った前衛的なこの作品は、以後の作者の作風を一変させたのである。白地の部分が変色してきたため、赤で染め直してはあるが、新鮮な印象は今も変わることはない。
初出展覧会
第11回日展
受賞歴
特選
ページの最上部へ