Loading
画面を読み込んでいます

学芸員コラムColumn

#67 「いしかわの工芸 歴史の厚み」2 清光再考
2020年9月24日展覧会#67 「いしかわの工芸 歴史の厚み」2 清光再考

 論者が、石川県立美術館で刀剣を主体的に扱うようになって20年が経ちました。この間、国から…

#66 「いしかわの工芸 歴史の厚み ~加州刀と加賀の工芸~」1
2020年9月16日展覧会#66 「いしかわの工芸 歴史の厚み ~加州刀と加賀の工芸~」1

 開催中の企画展「いしかわの工芸 歴史の厚み」は、館蔵品に一部寄託品を加えた構成となってお…

#65 石川県指定文化財《槇檜図》俵屋宗達筆 再考
2020年9月4日展覧会#65 石川県指定文化財《槇檜図》俵屋宗達筆 再考

  琳派は、17世紀初頭に刀剣の鑑定などを家職とする本阿弥光悦が中心となって京都で推進した造…

#64 酒と鴨居玲(その6)
2020年8月25日展覧会#64 酒と鴨居玲(その6)

 鴨居玲の評伝「一期は夢よ 鴨居玲」の著者瀧悌三氏とは14時間も飲み続けたとか、『繪』のイン…

#63 酒と鴨居玲(その5)
2020年8月21日展覧会#63 酒と鴨居玲(その5)

 また作品と酒のはなし。  鴨居は「自画像の画家」と呼ばれ、自身の内面を投影した作品が知ら…

#62 酒と鴨居玲(その4)
2020年8月18日展覧会#62 酒と鴨居玲(その4)

 作品と酒のはなし。  鴨居作品に酒が登場するのは、《静止した刻》(1968年)の頃からです。…

#61 酒と鴨居玲(その3)
2020年8月13日展覧会#61 酒と鴨居玲(その3)

 美専(現・金沢美術工芸大学)時代の風情あるお酒のはなしです。学校では畳のある日本画の教…

#60 酒と鴨居玲(その2)
2020年8月9日展覧会#60 酒と鴨居玲(その2)

 鴨居玲の酒好きは父からの遺伝も無関係ではないでしょう。玲の父悠は、京都大学を卒業した後…

#59 酒と鴨居玲(その1)
2020年8月6日展覧会#59 酒と鴨居玲(その1)

 鴨居玲展が開幕し、展示室の賑わいが久しぶりにもどってきています。なかでも人気は、スペイ…

#58 国宝《色絵雉香炉》の深層と真相
2020年6月8日所蔵品#58 国宝《色絵雉香炉》の深層と真相

 今回は、石川県立美術館の‘本尊’ともいうべき国宝《色絵雉香炉》の制作年代や歴史的意義につ…

【美術館小史・余話24】旧館会館十周年の歳を迎えて(二)
2020年3月22日その他【美術館小史・余話24】旧館会館十周年の歳を迎えて(二)

※本コラムは平成12年から平成16年にかけて、当館前館長・嶋崎丞が「石川県立美術館だより」にお…

#57 永楽和全と加賀の縁
2020年3月11日展覧会#57 永楽和全と加賀の縁

 第5展示室で開催中の特集「古に倣う 写しの魅力」では、当館コレクションのなかから、過去に…

#56 2020年度の名物刀剣等展示予定
2020年3月1日展覧会#56 2020年度の名物刀剣等展示予定

 新型コロナウィルスの感染拡大防止に国を挙げて取り組んでいるところですが、石川県立美術館…

#55 久隅守景《四季耕作図》(県指定文化財)に見られる竜骨車描写の謎
2020年2月7日展覧会#55 久隅守景《四季耕作図》(県指定文化財)に見られる竜骨車描写の謎

 「田園画家」との異名をとるように、久隅守景は一人の画家としては類例がないほど多くの「四…

#54 企画展「いしかわのおもてなし」のみどころ
2020年2月3日展覧会#54 企画展「いしかわのおもてなし」のみどころ

   新春企画展「いしかわのおもてなし―屏風絵などの調度を中心に―」の会期も、いよいよあ…

【美術館小史・余話23】旧館開館十周年の時を迎えて(一)
2020年1月22日その他【美術館小史・余話23】旧館開館十周年の時を迎えて(一)

※本コラムは平成12年から平成16年にかけて、当館前館長・嶋崎丞が「石川県立美術館だより」にお…

#53 特別陳列「加賀蒔絵と古九谷の至宝」に寄せて 2
2019年12月17日展覧会#53 特別陳列「加賀蒔絵と古九谷の至宝」に寄せて 2

 今回は、「前田綱紀展」以来31年ぶりの公開となった五十嵐道甫作《蓮唐草鳳凰蒔絵聖教箱》と…

#52 特別陳列「古九谷と加賀蒔絵の至宝」に寄せて 1
2019年12月10日展覧会#52 特別陳列「古九谷と加賀蒔絵の至宝」に寄せて 1

 12月22日(日)まで、当館第2展示室で開催している特別陳列「古九谷と加賀蒔絵の至宝」には、…

#51 J.S.バッハ作曲《ルカ受難曲》コラールの自筆楽譜をめぐって
2019年10月4日展覧会#51 J.S.バッハ作曲《ルカ受難曲》コラールの自筆楽譜をめぐって

はじめに  楽譜を厳密に読むことは至難の業ですが、自筆楽譜の場合は、絵画と同じようなアプロ…

【美術館小史・余話22】美術を学ぶ婦人学級(二)
2019年10月1日その他【美術館小史・余話22】美術を学ぶ婦人学級(二)

※本コラムは平成12年から平成16年にかけて、当館館長・嶋崎丞が「石川県立美術館だより」におい…

ページの最上部へ