Loading
画面を読み込んでいます

学芸員コラムColumn

#55 久隅守景《四季耕作図》(県指定文化財)に見られる竜骨車描写の謎
2020年2月7日展覧会#55 久隅守景《四季耕作図》(県指定文化財)に見られる竜骨車描写の謎

 「田園画家」との異名をとるように、久隅守景は一人の画家とし

#54 企画展「いしかわのおもてなし」のみどころ
2020年2月3日展覧会#54 企画展「いしかわのおもてなし」のみどころ

   新春企画展「いしかわのおもてなし―屏風絵など

#53 特別陳列「加賀蒔絵と古九谷の至宝」に寄せて 2
2019年12月17日展覧会#53 特別陳列「加賀蒔絵と古九谷の至宝」に寄せて 2

 今回は、「前田綱紀展」以来31年ぶりの公開となった五十嵐道

#52 特別陳列「古九谷と加賀蒔絵の至宝」に寄せて 1
2019年12月10日展覧会#52 特別陳列「古九谷と加賀蒔絵の至宝」に寄せて 1

 12月22日(日)まで、当館第2展示室で開催している特別陳

#51 J.S.バッハ作曲《ルカ受難曲》コラールの自筆楽譜をめぐって
2019年10月4日展覧会#51 J.S.バッハ作曲《ルカ受難曲》コラールの自筆楽譜をめぐって

はじめに  楽譜を厳密に読むことは至難の業ですが、自筆楽譜の

【美術館小史・余話19】広報活動の開始(1)
2019年9月12日展覧会【美術館小史・余話19】広報活動の開始(1)

※本コラムは平成12年から平成16年にかけて、当館館長・嶋崎

【美術館小史・余話20】広報活動の開始(2)
2019年9月16日展覧会【美術館小史・余話20】広報活動の開始(2)

※本コラムは平成12年から平成16年にかけて、当館館長・嶋崎

#49 脇田和と1975年の中国
2019年6月3日展覧会#49 脇田和と1975年の中国

 企画展「脇田和と猪熊弦一郎~モダンの展開~」関連連載その5

#48 脇田和と1938年の中国
2019年6月2日展覧会#48 脇田和と1938年の中国

 企画展「脇田和と猪熊弦一郎~モダンの展開~」関連連載その4

#47 ふたりの出会い
2019年5月8日展覧会#47 ふたりの出会い

企画展「脇田和と猪熊弦一郎~モダンの展開~」関連連載その3

#46 二つの美術館2
2019年5月3日展覧会#46 二つの美術館2

企画展「脇田和と猪熊弦一郎~モダンの展開~」関連連載その2

#45 二つの美術館1
2019年4月26日展覧会#45 二つの美術館1

企画展「脇田和と猪熊弦一郎~モダンの展開~」関連連載その1

#44 宮本三郎のヨーロッパ留学
2019年2月1日展覧会#44 宮本三郎のヨーロッパ留学

企画展「石川近代美術の100年」関連連載その5  宮本は昭和

#43 金城画壇
2019年1月31日展覧会#43 金城画壇

企画展「石川近代美術の100年」関連連載その4   金城画壇

#42 大正美人画と広告
2019年1月18日展覧会#42 大正美人画と広告

企画展「石川近代美術の100年」関連連載その3  紺谷光俊な

#41 青木外吉と板谷波山、吉田三郎
2019年1月16日展覧会#41 青木外吉と板谷波山、吉田三郎

企画展「石川近代美術の100年」関連連載その3  

#40 高光一也の「秋」と新文展特選
2019年1月10日展覧会#40 高光一也の「秋」と新文展特選

企画展「石川近代美術の100年」関連連載その2  &nbsp

#39 県工は最古の工業学校
2019年1月7日展覧会#39 県工は最古の工業学校

企画展「石川近代美術の100年」関連連載その1  県内では「

#38 漆皮展に寄せて
2018年10月1日展覧会#38 漆皮展に寄せて

 漆皮とは読んで字のごとく、動物の皮革を素地とした漆器のこと

#37 宗達から若冲へ
2018年7月10日展覧会#37 宗達から若冲へ

はじめに  俵屋宗達筆《風神雷神図》(国宝・建仁寺蔵)の後世

ページの最上部へ