Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

終了 展覧会

琳派コレクションⅠ―宗達・宗雪・光琳・乾山― 古美術 2021年6月14日(月) ― 2021年7月4日(日)

概要

 石川県立美術館が所蔵保管する作品を、特集展示「琳派コレクション」で88日まで2回の会期に分けて開催します。今回は、74日まで展示する作品の中から、石川県指定文化財の俵屋宗雪《群鶴図屏風》をご紹介します。

 琳派といえば、文字どおり光琳が私淑した本阿弥光悦・俵屋宗達にはじまり、尾形光琳・乾山、江戸後期の酒井抱一・鈴木其一へと続いた共通の装飾的作風をもつ流派を指します。絵画だけでなく、陶磁・漆工・染織まで幅広く創作されたことも特徴です。

 こうした中に、宗達の後継者とされた俵屋宗雪という絵師がいます。京都で活躍ののち、寛永末から正保のはじめ頃(164345)、金沢に下ったといわれています。作品には、宗達工房で用いられていた「伊年」の朱文円印が捺され、「宗雪法橋」の署名が附されますが、作例は少なく、代表作の東京国立博物館所蔵の重要文化財《秋草図屏風》に次いで知られる作品が、この《群鶴図屏風》です。

 なだらかに広がる丘の上に群れる鶴が描かれています。11羽の鶴に同じポーズはなく、力強い姿と美しく描かれた羽が見どころの美しく迫力ある作品です。その空間には、萩・笹・松・沢潟などが茂り、金地に装飾性を加えています。

 金沢に古くから伝わる優品で、明暦3(1657)に加賀藩三代前田利常が建立した小松天満宮に自ら寄進したとも伝えられています。この機会に是非、ご鑑賞ください。

※今後の新型コロナ感染症感染の状況によっては、会期の変更または中止の可能性があります。

展示作品リスト

開催日時

2021年6月14日(月) ― 2021年7月4日(日)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

会場

第2展示室

観覧料
観覧料 一般 大学生 高校生以下 65歳以上
個人 370円 290円 無料 290円
団体 290円 230円 無料 290円

※団体は20名以上。65歳以上の方は団体料金でご覧になれます。
県立美術館友の会会員、また身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を持参の方とその介添えの方は無料です。

作品紹介

《染付銹絵杜若図茶碗》尾形乾山
《染付銹絵杜若図茶碗》尾形乾山そめつけさびえかきつばたずちゃわん おがたけんざん

※一覧の作品画像は実際の比率ではありません。画像をクリックすると実際の比率で拡大画像が表示されます。

ページの最上部へ