Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

予告 展覧会

近現代工芸 優品選Ⅱ 2021年12月9日(木) ― 2022年1月23日(日)

概要

 近現代工芸では優品選Ⅱと題し、前回のⅠに続き優品選をご覧頂きます。
 今回は、Ⅰに引き続き、陶芸では日本芸術院会員の作品のほか、初代德田八十吉窯で九谷の絵付を行った洋画家中村研一作《菊花図皿》や、竹田有恒作《釉裏金彩稲穂文鉢》を。金工は加賀象嵌の高橋介州作《加賀象嵌孔雀香炉》、《加賀象嵌鴛鴦香炉・香合》をご覧いただけます。また、展示を入れ替える部門では、漆芸は奥出寿泉作《乾漆香盆》を。染織は、水野博作《友禅訪問着「創生」》を。人形は、下口宗美作《木彫加彩人形「浄苑」》を。截金は人間国宝の西出大三作《截金彩色蓮華香盒》を。木竹工は橋本仙雪作《松皮菱網代盆》を展示いたします。すでに優品選Ⅰを鑑賞された方にも同じ作家のまた違った作品を楽しむことができる展示となっております。
 コロナ禍、この作品を目にする頃はどれだけ穏やかな日常が戻っているのでしょうか。静かに語りかける作品を前に、ゆっくりと作品との対話を楽しんでいただきたく思います。

開催日時

2021年12月9日(木) ― 2022年1月23日(日)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
12月29日(水)~1月3日(月)

会場

第5展示室

観覧料
観覧料 一般 大学生 高校生以下 65歳以上
個人 370円 290円 無料 290円
団体 290円 230円 無料 290円

※団体は20名以上。65歳以上の方は団体料金でご覧になれます。
県立美術館友の会会員、また身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を持参の方とその介添えの方は無料です。

作品紹介

水野博《友禅訪問着「創生」》
水野博《友禅訪問着「創生」》みずのひろし ゆうぜんほうもんぎ「そうせい」

※一覧の作品画像は実際の比率ではありません。画像をクリックすると実際の比率で拡大画像が表示されます。

ページの最上部へ