Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

終了 展覧会

コレクション展(近現代絵画・彫刻) 人体彫刻考1 ~手は語る~ 2016年12月21日(水) ― 2017年2月12日(日)

概要

人体彫刻考1

本展は人体彫刻において、特徴的な仕草の手の作品や豊かな表情を示す手の作品をお楽しみいただくものです。
人体をモチーフとした彫刻・美術において手や指先の仕草や表情には、目や顔の表情にも勝る表情や主張をしている場合がみえ、同じようなポーズでも手の表情によってその印象が大きく異なる場合があります。豊かな表情を伴う手は作品の制作テーマを代弁し、持物と併せ作品の背景や時代を物語り、作品全体の雰囲気を統一するアイテムとしても機能しているようです。展示では約13点の個性・特徴的な手の表情を示す人体彫刻をご覧いただき、手の表す表情と感性をお楽しみいただきますようご案内致します。

開催日時

2016年12月21日(水) ― 2017年2月12日(日)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

会場

第4展示室、第6展示室

観覧料
観覧料一般大学生高校生以下65歳以上
個人360円290円無料290円
団体290円230円無料290円

※団体は20名以上。65歳以上の方、県立美術館友の会会員は団体料金でご覧になれます。
また、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者福祉保健手帳を持参の方、付き添いの方は無料です。

作品紹介

吉田三郎《男立像》
吉田三郎《男立像》よしださぶろう おとこりつぞう

※一覧の作品画像は実際の比率ではありません。画像をクリックすると実際の比率で拡大画像が表示されます。

作品一覧

ページの最上部へ