Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

終了 展覧会

古美術 石川の文化財 2016年10月14日(金) ― 2016年11月15日(火)

概要

石川の文化財

石川県には、優れた貴重な文化財が数多く伝えられており、重要文化財は美術工芸品で88件、建造物が44件を数えます。そのうち国宝は2件。当館が所蔵する野々村仁清作「色絵雉香炉」と白山比咩神社所蔵の「剣 銘吉光」です。本年9月現在、国宝の総数は1,101件、重要文化財は13,110件となっており、北陸では重要文化財で富山・福井両県をしのぎ、全国的に見ても上位に位置づけられます。
こうした文化財が石川に伝わるのは、加賀藩主前田家の文化政策によるところが大きく、その歴史的背景を基盤とした今日の文化風土は、芸術・文化全般に対する関心の高さを物語っています。前田家が収集し、育成した数々の名品が、時代を超えて今日に引き継がれているとともに、その以前から支配者によって寺社に奉納された文物は、地域の歴史や、文化を語る上で欠くことのできない貴重な文化財として今日に伝わっています。
当館ではそれらの文化財、中でも美術工芸品を中心に収集活動を行い、保存と活用を目的として県内の寺社や個人の方々から多くの寄託を受けています。本展は、石川県の貴重な文化遺産の一端を広く知っていただくとともに、文化財保護法に定められている寺社が所蔵する国宝・重要文化財の今年度の公開を目的として開催します。
石川県に所在する国宝、その2件を同時に見ることのできるまたとない展観です。ぜひこの機会をお見逃しなく。

開催日時

2016年10月14日(金) ― 2016年11月15日(火)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

会場

第2展示室

観覧料
観覧料一般大学生高校生以下65歳以上
個人360円290円無料290円
団体290円230円無料290円

※団体は20名以上。65歳以上の方、県立美術館友の会会員は団体料金でご覧になれます。
また、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者福祉保健手帳を持参の方、付き添いの方は無料です。

作品紹介

国宝《剣 銘吉光》白山比咩神社蔵
国宝《剣 銘吉光》白山比咩神社蔵こくほう けん めいよしみつ

※一覧の作品画像は実際の比率ではありません。画像をクリックすると実際の比率で拡大画像が表示されます。

作品一覧

ページの最上部へ