Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

終了 展覧会

前田育徳会尊經閣文庫分館 新春優品選 2016年12月21日(水) ― 2017年2月12日(日)

概要

新春を迎えるにあたり、前田育徳会が所蔵する作品の中から、季節にふさわしい茶道具や絵画をご紹介する『新春優品選』を開催します。
加賀藩前田家が、裏千家茶道と関わりが深いとされるのは、同流の仙叟宗室が寛永年間の終わりに、加賀藩の御茶堂として迎えられたことに始まります。かつて前田家は多くの名物を所有しましたが、今日まで前田家に伝わるものはその一部です。梅花天目と称される天目茶碗や名物尼ケ崎台、孫六の銘を持つ茶入などご紹介します。
絵画作品では、問い合わせの多い重要文化財の伝雪舟《四季花鳥図屏風》をはじめ、明治天皇の前田邸行幸の際に複数の絵師によって描かれた《梅図》、加賀藩の御用絵師六代梅田九栄による《鷹狩図絵巻》の中から、「春の巻」を展示します。

開催日時

2016年12月21日(水) ― 2017年2月12日(日)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

会場

前田育徳会尊經閣文庫分館

観覧料
観覧料一般大学生高校生以下65歳以上
個人360円290円無料290円
団体290円230円無料290円

※団体は20名以上。65歳以上の方、県立美術館友の会会員は団体料金でご覧になれます。
また、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者福祉保健手帳を持参の方、付き添いの方は無料です。

作品紹介

作品一覧

ページの最上部へ