Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

終了 展覧会

コレクション展(絵画・彫刻) 優品選 2016年12月21日(水) ― 2017年2月12日(日)

概要

優品選

来年の十二支は「酉」。干支が成立した殷代、「酉」はもともと酒つぼを表し、果実など収穫物が熟成した状態から、実りの意味を持ったようです。そこに動物の鶏をあてるようになったのは、紀元前の二世紀頃まで時代が下がります。今回は「酉」本来の意味にちなみ「みのり」をテーマにすこし作品を選んでみました。
日本画からは稲元実《壌》を紹介します。家族が縦一列に配置された構図の背景には、よく見ると葡萄が配されています。題名の「壌」が示すとおり、ここでは豊穣なる大地、「めぐみ」や「みのり」を表しているようです。このほか木彫の山本力吉《微風》、油彩では村田省蔵《春めく》を展示します。

開催日時

2016年12月21日(水) ― 2017年2月12日(日)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

会場

第3展示室、第4展示室

観覧料
観覧料一般大学生高校生以下65歳以上
個人360円290円無料290円
団体290円230円無料290円

※団体は20名以上。65歳以上の方、県立美術館友の会会員は団体料金でご覧になれます。
また、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者福祉保健手帳を持参の方、付き添いの方は無料です。

作品紹介

曲子光男《雪山》
曲子光男《雪山》まげしみつお ゆきやま

※一覧の作品画像は実際の比率ではありません。画像をクリックすると実際の比率で拡大画像が表示されます。

作品一覧

ページの最上部へ