Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

終了 展覧会

企画展 石川県文化財保存修復工房設立20周年記念 よみがえった文化財 -加賀藩による文化財修復の歴史と石川県文化財保存修復工房のわざ- 2017年4月22日(土) ― 2017年5月28日(日)

概要

よみがえった文化財

 石川県は、1997年に石川県立美術館の付属施設として石川県文化財保存修復工房を開設しました。そして2016年には建物の老朽化に伴い美術館の広坂別館に隣接してリニューアルオープンし、主として地元北陸の文化財修復の拠点となるべく実績を重ね、本年開設20周年を迎えます。
 修復工房では、(一財)石川県文化財保存修復協会の修復技術者が、指定文化財を始めとする多数の作品の修復を手がけてきました。このたび開設20周年を記念して、修復工房20年の歩みを修復実績作品により集大成するとともに、先駆的に文化財の保存・修復に取り組んだ加賀藩主・前田家による制作の貴重な所産としてユネスコ世界記憶遺産・国宝《東寺百合文書》や重文《一遍上人絵巻》を特別公開し、藩政期から修復工房開設に至る石川の文化風土を再認識しつつ、文化財の保存・修復の現状と今後の展望を考察する展覧会を開催します。
 主の展示作品は《西湖図》(秋月等観筆・当館蔵)、《吾妻鏡》(巻子装・前田育徳会蔵)、江戸時代後期の和算家・測量家の石黒信由以下四代による和算、測量術、絵図作成などに関する資料群《石黒信由関係資料》(高樹会蔵)以上重文。《浄名院様御影》(狩野探幽筆・加賀本多博物館蔵)、《南蛮渡来図屏風》(本泉寺蔵)、《賦何人連歌》以上県文ほか、国宝1件、重文4件、県指定文化財22件を含む約70件を修復過程を紹介しながら展示します。

記念シンポジウム「文化財を守り伝える」

日時 5月4日(木・祝)午後1時30分~
会場 石川県立美術館ホール、入場無料、先着順
メインゲスト 前田利祐 氏(前田家第18代当主)
基調講演 地主智彦 氏(文化庁美術学芸課文化財調査官)
パネリスト 村上 隆 氏(高岡市美術館長・京都美術工芸大学副学長)
        中越一成 氏(一財・文化財保存修復協会代表)
司会 嶋崎 丞 氏(石川県立美術館長)

ギャラリートーク

会期中の毎週日曜日午前11時から当館学芸員や修復工房の技術者が展示室で解説を行います。
展覧会観覧料が必要です。

修復作業特別実演

日時 4月30日(日)午前10時~10時30分、午後2時~2時30分
会場 修復工房見学スペース
修復技術者が修復作業の実演を交えて紹介します。参加無料。

 

開催日時

2017年4月22日(土) ― 2017年5月28日(日)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

会場

第7展示室、第8展示室、第9展示室

観覧料
観覧料 一般 大学生 高校生以下 65歳以上
個人 800円 600円 無料 600円
団体 600円 400円 無料 600円

※団体は20名以上。65歳以上の方、県立美術館友の会会員は団体料金でご覧になれます。
また、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持参の方、付き添いの方は無料です。

関連団体・企業
主催 石川県立美術館
特別協力 (一財)石川県文化財保存修復協会
後援 文化庁、北國新聞社
助成 (一財)地域創造

作品紹介

秋月等観《西湖図》重要文化財
秋月等観《西湖図》重要文化財しゅうげつとうかん せいこず
《印鑰明神垂迹図》印鑰神社、県文
《印鑰明神垂迹図》印鑰神社、県文いんにゃくみょうじんすいじゃくず いんにゃくじんじゃ
《十六羅漢図》総持寺祖院、県文
《十六羅漢図》総持寺祖院、県文じゅうろくらかんず そうじじそいん
《光明本尊》県文
《光明本尊》県文こうみょうほんぞん
《西湖図》修復風景
《西湖図》修復風景せいこず しゅうふくふうけい
工房特別ガイドツアー
工房特別ガイドツアーこうぼうとくべつがいどつあー

※一覧の作品画像は実際の比率ではありません。画像をクリックすると実際の比率で拡大画像が表示されます。

ページの最上部へ