Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

開催中 会期終了まで35日 展覧会

コレクション展(近現代絵画) 脇田 和 -かくれんぼ- 2017年7月13日(木) ― 2017年8月27日(日)

概要

脇田 和

 当館は平成27年度に(一財)脇田美術館より317点の脇田和作品の寄贈を受け、現在321点の脇田作品を収蔵しています。平成3年に脇田和が軽井沢に美術館を建てる際に厳選した作品とそれ以降の代表作を主体とする、油彩154点、水彩素描72点、版画95点の一大コレクションです。毎年これらの作品の中からテーマに基づいた特集展示を行いますが、今回は「かくれんぼ」と題して、子供や窓をモチーフとした作品をご覧いただきます。
 脇田の作品は鳥や子供がほのぼのと描かれ、童話の世界をうかがわせますが、一方何が描かれているのか判然としないという声を聞くこともあります。初めドイツでデッサンを学んだ脇田の作品は、厳格な線と形を見せていました。しかし、戦後、形体は簡略化され、記号化された人物や鳥、草花が、ぼかしを伴う淡く美しい色彩で描かれるようになっていきました。
 今回展示する《裏町の居酒屋》では茶褐色の画面に大きな四角が描かれ、その中に酒瓶やグラスや電球が描かれ、人間らしき人型がうっすらと見えますし、《二組の家族》では大小の矩形で細かく画面を区切り、それぞれに顔などが描かれます。茫洋とした中に喜怒哀楽が込められる脇田作品は、中に入り込み、探しものをするような楽しみに満ちています。

開催日時

2017年7月13日(木) ― 2017年8月27日(日)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

会場

第4展示室

観覧料
観覧料 一般 大学生 高校生以下 65歳以上
個人 360円 290円 無料 290円
団体 290円 230円 無料 290円

※団体は20名以上。65歳以上の方、県立美術館友の会会員は団体料金でご覧になれます。
また、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持参の方、付き添いの方は無料です。

作品紹介

脇田和《金太郎》
脇田和《金太郎》わきたかず きんたろう

※一覧の作品画像は実際の比率ではありません。画像をクリックすると実際の比率で拡大画像が表示されます。

作品一覧

ページの最上部へ