Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

終了 展覧会

前田育徳会尊經閣文庫分館 百工比照Ⅰ 2017年10月6日(金) ― 2017年11月7日(火)

概要

 「百工」 とは、 諸種の工芸、 あるいは工匠の意味であり、 「比照」 とは比較対照するという意味であることが示すように、 《百工比照》 は加賀藩五代藩主 ・ 前田綱紀が朱子学により動機付けられて編集した工芸の百科事典と言うことができます。
 内容は工芸の各分野にわたり、 紙類、 貼付唐紙類、表紙類、 外題紙類、 金色類、 木之類、 蒔絵梨子地塗色類、 色漆類、 革類、 織物類、 小紋類、 打糸類、 竹類、 羽織類絵図、 旗指物類絵図、 甲冑籠手佩楯類絵図、 馬具類絵図、 作紋類絵図、 巻物軸象牙籤等、 染色類、 金具類 (屏風長持金具 ・ 彫金押金 ・ 引手 ・ 釘隠 ・ 取手) などが11の箱と付属する2つの箱に分類整理されて収められ、 総点数は2,000点以上にのぼります。 これらは各地の産物を購入したものや、 詳細な指示をして作らせたもの、 また実際に建築に用いられていた金具類などの実物資料と、 実物ではなく図示したものや雛形など今日のデザイン見本帳に相当するものとの2種類に分けられます。 いずれも江戸時代前期から中期 (17~18世紀) にかけての工芸技術の実態を今日に伝える極めて貴重な資料であり、 工芸王国石川の象徴ともなっています。
 平成27年に開催した 「加賀前田家百万石の名宝」 展では重要文化財 《百工比照》 のほぼ全貌を公開しましたが、 今回は2期に分けて第一号箱から第三号箱のほぼ全体と、 第五、 六号箱の主要部分を紹介します。 各箱の内訳は次のとおりです。

第一号箱:紙類 ・ 金色類 ・ 木之類 ・ 漆類 ・ 皮類 ・染織類 ・ 竹類
第二号箱:陣羽織 ・ 武具 ・ 紋章類絵図等
第三号箱:金具類
第五号箱:釘隠 ・ 引手
第六号箱:七宝釘隠 (鳥籠 ・ 虫籠 ・ 花籠)

開催日時

2017年10月6日(金) ― 2017年11月7日(火)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

会場

前田育徳会尊經閣文庫分館

観覧料
観覧料 一般 大学生 高校生以下 65歳以上
個人 360円 290円 無料 290円
団体 290円 230円 無料 290円

※団体は20名以上。65歳以上の方、県立美術館友の会会員は団体料金でご覧になれます。
また、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持参の方、付き添いの方は無料です。

作品紹介

作品一覧

ページの最上部へ