Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

開催中 会期終了まで26日 展覧会

東京国立近代美術館工芸館名品展 陶磁いろいろ 2017年11月11日(土) ― 2017年12月17日(日)

概要

陶磁いろいろ

今年、開館40周年を迎える東京国立近代美術館工芸館は、2020年を目標に、石川県へ移転します。これまで工芸館では、明治以降から近現代の作家による作品を、約3700点以上収集してきました。そこで開館に向け、昨年に引き続き、工芸館のコレクション展を、石川県立美術館にて開催いたします。本年度は、「陶磁」分野から、約50点をご紹介いたします。

陶土や磁土を焼成する工程から、「やきもの」という言葉で親しまれてきた陶磁。色絵、三彩、金銀彩、瀬戸黒、染付、青磁、白磁、焼締…、色や質感を生み出す技法は、並べだしたらキリがありません。また、今日では、茶碗や皿、花器からオブジェまで、形の選択肢も広がりをみせています。本展では、「いろいろ」に表現された陶磁の造形をお楽しみください。

講演会&ミュージアムコンサート

日時:12月2日(土)
13:30~ ミュージアムコンサート&制作者インタビュー
14:00~ 講演会「日本の近現代陶芸―歴史と鑑賞―」
詳しくはこちら

ギャラリートーク

11月11日(土)14:00~、12日(日)・12月10日(日)・17日(日)11:00~
申込不要ですが、観覧料が必要です。

タッチ&トーク

日時:11月25日(土)11:00~
概要:〈さわってみようコーナー〉と会場トークの2部構成で、さまざまな角度から展覧会のみどころを紹介します。
当日受付、先着10名、観覧料が必要です。

開催日時

2017年11月11日(土) ― 2017年12月17日(日)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

会場

第5展示室

観覧料
観覧料 一般 大学生 高校生以下 65歳以上
個人 360円 290円 無料 290円
団体 290円 230円 無料 290円

※団体は20名以上。65歳以上の方、県立美術館友の会会員は団体料金でご覧になれます。
また、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持参の方、付き添いの方は無料です。

関連団体・企業
主催 「東京国立近代美術館工芸館名品展」開催実行委員会、石川県・金沢市・東京国立近代美術館
後援 文化庁・北國新聞社

作品紹介

初代宮川香山《色入菖蒲図花瓶》
初代宮川香山《色入菖蒲図花瓶》しょだいみやがわこうざん いろいりしょうぶずかびん
富本憲吉 《色絵金銀彩四弁花文飾壺》
富本憲吉 《色絵金銀彩四弁花文飾壺》とみもとけんきち いろえきんぎんさいしべんかもんかざりつぼ
石黒宗麿 《黒釉褐斑鳥文鉢》
石黒宗麿 《黒釉褐斑鳥文鉢》いしぐろむねまろ こくゆうかつはんちょうもんはち

※一覧の作品画像は実際の比率ではありません。画像をクリックすると実際の比率で拡大画像が表示されます。

作品一覧

ページの最上部へ