Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

終了 展覧会

コレクション展 古九谷・再興九谷名品選 古美術 2019年2月15日(金) ― 2019年3月21日(木)

概要

 加賀藩三代藩主・前田利常が打ち出した文化による独自性の表明は、幕藩体制における加賀藩存立の根幹でした。表向きには、幕府に対する敵意がないことの表明としての文化政策ですが、その背後には様々な戦略的意味がこめられていました。その一つが、幕府にできないことを実現することであり、古九谷に結実した色絵磁器プロジェクトは、まさにその好例と言えます。利常は、中国の色絵陶磁器を収集するとともに、オランダの東インド会社を通して硬質陶器類を発注しています。そして、京都で色絵を大成した野々村仁清も支援します。そこには、仁清ブランドをプロデュースした金森宗和と加賀藩主・前田家との深い縁があったことは言うまでもありません。さらに、国内の磁器生産の先進地であった九州地方の動向にも注目していました。
 こうした入念な準備を経て、アンチ徳川の芸術としての古九谷は誕生しました。したがって加賀における色絵磁器プロジェクトは、1640年代には着手されていたと考えられます。そして前田利常が没して以後の1660年代以降に、このプロジェクトは転換を余儀なくされたようです。このように、古九谷が示す独創的な力動感は、藩主の気概そのものであり、その点が若杉や吉田屋をはじめとする再興九谷所窯に携わった工人や、明治時代以降今日に至る作家たちをも魅了してやまない所以ではないでしょうか。
 今回は古九谷を中心として、春日山窯から九谷庄三に至る再興九谷の流れを概観したいと思います。

開催日時

2019年2月15日(金) ― 2019年3月21日(木)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

会場

第2展示室

観覧料
観覧料 一般 大学生 高校生以下 65歳以上
個人 360円 290円 無料 290円
団体 290円 230円 無料 290円

※団体は20名以上。65歳以上の方は団体料金でご覧になれます。
また、、県立美術館友の会会員、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持参の方、付き添いの方は無料です。

作品紹介

《色絵海老藻文平鉢》古九谷
《色絵海老藻文平鉢》古九谷いろええびももんひらばち こくたに

※一覧の作品画像は実際の比率ではありません。画像をクリックすると実際の比率で拡大画像が表示されます。

作品一覧

ページの最上部へ