Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

終了 展覧会

コレクション展 鳥とりどり 近現代工芸 2019年4月20日(土) ― 2019年6月9日(日)

概要

 古くから鳥たちは、和歌に詠まれたり、鳴き声が愛でられたり、あるいはおめでたいしるしとして讃えられたりと、人々の身近に親しまれてきました。工芸の世界でも、正倉院宝物にはすでに鳥の姿が登場します。
 さて、石川県立美術館の隣(現在の広坂別館あたり)が野鳥園であったことをご存知でしょうか。現在は小高い丘が残るばかりですが、「野鳥(やちょう)」という言葉を作り出した中西悟堂(1895~1984)の歌碑が建てられています。悟堂は金沢に生まれ、東京で育った歌人です。野鳥の自然な姿を愛し、日本野鳥の会を創立しました。今回の展示では、日本野鳥の会石川の方々にご協力いただき、工芸作品に登場する鳥の生態を写真や解説によってご紹介します。会期中には、兼六園周辺の野鳥を観察するイベントも企画しています。こうした活動を通して、身近な鳥の姿に目を向けていただくきっかけともなれば幸いです。
 また、実在の鳥(写真)、スケッチ、下絵、図案、そして作品へとスライドする工芸作家のまなざしを、皆さんに追体験していただきたいと思っています。木村雨山「写生図巻」、藤井観文「片切沈金彫鴎文棚 下絵」からは、羽毛まで丁寧に描きこんだ図から、友禅や沈金の技法を活かして一種のデフォルメがなされてゆく過程をたどることができます。色、かたち、技法、とりどりの作品から工芸の世界をお楽しみください。

開催日時

2019年4月20日(土) ― 2019年6月9日(日)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

会場

第5展示室

観覧料
観覧料 一般 大学生 高校生以下 65歳以上
個人 360円 290円 無料 290円
団体 290円 230円 無料 290円

※団体は20名以上。65歳以上の方は団体料金でご覧になれます。
また、県立美術館友の会会員、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持参の方、付き添いの方は無料です。

作品紹介

中村陶志人《待春》
中村陶志人《待春》なかむらとしと たいしゅん

※一覧の作品画像は実際の比率ではありません。画像をクリックすると実際の比率で拡大画像が表示されます。

作品一覧

ページの最上部へ