Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

終了 展覧会

コレクション展 新収蔵品と優品 近現代絵画 2019年6月14日(金) ― 2019年7月22日(月)

概要

 平成30年度、純粋美術部門は多彩な作品が収蔵されました。
 まず、洋画部門から中川一政《向日葵》です。御年89歳での制作は「晩年を代表する」と形容したいところですが、この後97歳まで描き続けた中川にとって、果たして相応しいで表現でしょうか。力強い筆致は気力の充実を十分に偲ばせます。同じく油彩では村田省蔵作品を8点ご寄附いただきましたが、こちらは同時開催の「村田省蔵展」でご紹介します。その他高光一也作の肖像作品、鉛筆画の名手木下晋の自画像、若き日の鴨居玲など興味深い作品が目白押しです。
 日本画部門では、「仁志出龍司-静謐なる世界-」を機に代表作3点を作家本人からご寄附いただきました。季節感あふれる作品はコレクション展示に大いに活用させていだだきます。また、ユニークなところでは富田温一郎の水墨山水画と彩色牡丹の屏風2点です。富田は白日会を結成し、外光派の作風で知られた洋画家です。そのほか安嶋雨晶や上田珪草の昭和3~40年代の優品を寄附いただきました。
 また写真作品が初めて収蔵されました。平成29年度開催の「写真と幻想」展を機に吉川恍陽作品を10点ご寄附いただきました。吉川恍陽は石川における抽象写真の草分け的存在で、初めての写真作品収蔵に相応しい作家といえます。
 彫刻では、あどけない表情が印象的な彫刻、田中昭《遊びごころ》をご覧ください。そのほか季節の優品も展示しますのであわせてお楽しみください。

開催日時

2019年6月14日(金) ― 2019年7月22日(月)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

会場

第3展示室、第6展示室

観覧料
観覧料 一般 大学生 高校生以下 65歳以上
個人 360円 290円 無料 290円
団体 290円 230円 無料 290円

※団体は20名以上。65歳以上の方は団体料金でご覧になれます。
また、県立美術館友の会会員、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持参の方、付き添いの方は無料です。

作品紹介

中川一政《向日葵》
中川一政《向日葵》なかがわかずまさ ひまわり

※一覧の作品画像は実際の比率ではありません。画像をクリックすると実際の比率で拡大画像が表示されます。

作品一覧

ページの最上部へ