Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

開催中 会期終了まで18日 展覧会

コレクション展 優品選 近現代工芸 2019年11月22日(金) ― 2019年12月22日(日)

概要

 今回は第6展示室において、近現代工芸の展示を行います。
 陶芸は初代から三代までの德田八十吉、吉田美統、武腰潤といった、主に日本伝統工芸展で活躍する作家、大樋陶冶斎(十代大樋長左衛門)や武腰敏昭、二代浅蔵五十吉、北出塔次郎などの日展出品作家たちの代表作に加えて、明治時代に一世を風靡した、九谷庄三の大作《色絵金彩八仙人花鳥図大花瓶》を展示し、近代から現代の名工のわざをご覧いただきます。
 金工は、明治時代に鉄の板をたたいて成形する技術が高く評価された、山田宗美の大作《鉄打出狛犬大置物》(石川県指定文化財)をはじめ、金森映井智の《象嵌鋳銅花瓶》、金岡宗幸の《鋳銅砂張糸巻水指》、三代魚住為楽の《砂張水指》など、さまざまな技術を見ることができます。
 漆芸では蒔絵の人間国宝、大場松魚と寺井直次に加え、日展を中心に活躍した佐治賢使らの作品から、漆芸の多彩な表現を紹介します。
 染織では、友禅の二塚長生、小紋染めの坂口幸市の着物と、木村雨山の染絵の大作《牡丹》を展示します。
 また工芸と茶道のかかわりを示す展示として、裏千家淡々斎好みの氷見晃堂《桑造櫛形風炉先》に、初代魚住為楽による《竹茶杓》、奥出寿泉の《乾漆菊形茶入》を取り合わせます。
 さらに截金の西出大三の作品を3点展示します。北陸ゆかりの名工たちの作品をお楽しみください。

開催日時

2019年11月22日(金) ― 2019年12月22日(日)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

会場

第6展示室

観覧料
観覧料 一般 大学生 高校生以下 65歳以上
個人 370円 290円 無料 290円
団体 290円 230円 無料 290円

※団体は20名以上。65歳以上の方は団体料金でご覧になれます。
県立美術館友の会会員、また身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を持参の方とその介添えの方は無料です。

作品紹介

木村雨山《牡丹》
木村雨山《牡丹》きむらうざん ぼたん

※一覧の作品画像は実際の比率ではありません。画像をクリックすると実際の比率で拡大画像が表示されます。

作品一覧

ページの最上部へ