Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

終了 展覧会

コレクション展 古九谷・再興九谷名品選 古美術 2020年2月15日(土) ― 2020年3月19日(木)

概要

 制作期間が数十年と謎の多い古九谷ですが、少しずつその謎が解明されています。昨年開催した特別陳列「古九谷と加賀蒔絵の至宝」の副題を、「百万石大名の自負」としましたが、古九谷廃絶の大きな要因は、加賀藩三代藩主・前田利常の江戸幕府に対する挑戦的姿勢にあったことは間違いないようです。古九谷は特定の芸術家ではなく、様々な文化的背景を持つ人々が、共通の目的意識をもって制作にあたりました。そうした人々を鼓舞した人物が利常でした。
 初期の古九谷は、同じ意匠のものがないようです。ここにも、量産化によって表現における清新な活力が削がれないようにとの配慮が認められます。こうして、陳腐化することなく廃絶となった古九谷は、その後加賀の地で色絵磁器を試みる人々の指針となりました。「再興九谷」と総称される色絵磁器の背後には、様々な挑戦や挫折がありました。しかし、その挑戦の精神こそが、古九谷プロジェクトに対する憧れや尊敬の念と一体のものだったと考えられます。それは、単に表現を模倣するということではなく、新しいことを実現しようという気概です。
 こうした気概は、再興九谷諸窯はもちろん、現代の作家にも受け継がれています。故人となられた北出不二雄氏や、三代德田八十吉氏が独自の観点から古九谷の研究を実践し、その成果を熱く語られたことが懐かしく思い出されます。それだけに、毎年の古九谷・再興九谷の展示には特別の感慨があります。

開催日時

2020年2月15日(土) ― 2020年3月19日(木)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

会場

第2展示室

観覧料
観覧料 一般 大学生 高校生以下 65歳以上
個人 370円 290円 無料 290円
団体 290円 230円 無料 290円

※団体は20名以上。65歳以上の方は団体料金でご覧になれます。
県立美術館友の会会員、また身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を持参の方とその介添えの方は無料です。

作品紹介

古九谷《色絵鳳凰図平鉢》県文
古九谷《色絵鳳凰図平鉢》県文こくたに いろえほうおうずひらばち

※一覧の作品画像は実際の比率ではありません。画像をクリックすると実際の比率で拡大画像が表示されます。

作品一覧

ページの最上部へ