Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

終了 展覧会

コレクション展 加賀文化の粋Ⅰ 古美術 2020年3月24日(火) ― 2020年4月13日(月)

概要

 例年、「現代美術展」の会期中はコレクション展示が古美術部門のみとなります。そこで本年度は、全国そして海外からのお客様に、加賀文化のエッセンス(粋)を効率よく理解していただけるような構成を考えてみました。加賀文化のイメージとしては、藩政時代に培われた茶の湯や加賀蒔絵、加賀友禅といった伝統工芸、そして近代数寄者の審美眼などを挙げることができると思います。
 そしてこれらは、「百万石ブランド」の重要な側面ともなっています。加賀藩主・前田家の文化政策によって開花した伝統工芸や、藩主が収集した文化財のみならず、加賀の文化風土の中で事業を展開した実業家の中にも、高い審美眼をもって歴史的な名品を収集した方々がいました。このような名品の集積は、「百万石ブランド」の文化的求心力によるものであり、収集された時代を超えた大きな関連性を感じます。
 今回は、このように様々な背景を持った作品を「加賀文化の粋」として展示します。そして作品を選ぶにあたっては、加賀蒔絵の《春秋花卉図硯箱》や、加賀象嵌の《銀象嵌花筏文鐙》、新春の企画展にも展示した《日月四季図》、そして尾形乾山作の《色絵雲錦手杯台》など、桜の季節も多少意識しました。加賀の地で制作された作品、また百万石への憧れや伝統を継承するという自負をもって収集された作品が織りなすハーモニーを、「加賀文化の粋」としてご堪能いただきたいと思います。

開催日時

2020年3月24日(火) ― 2020年4月13日(月)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

会場

第2展示室

観覧料
観覧料 一般 大学生 高校生以下 65歳以上
個人 370円 290円 無料 290円
団体 290円 230円 無料 290円

※現代美術展開催にともない、コレクション展示スペースが縮小しているので、団体料金でご観覧いただけます。
団体は20名以上。65歳以上の方は団体料金でご覧になれます。
県立美術館友の会会員、また身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を持参の方とその介添えの方は無料です。

作品紹介

《日月四季図》左隻
《日月四季図》左隻じつげつしきず

※一覧の作品画像は実際の比率ではありません。画像をクリックすると実際の比率で拡大画像が表示されます。

作品一覧

ページの最上部へ