Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

予告 展覧会

企画展 【会期変更】没後35年 鴨居玲展 -静止した刻- 2020年7月31日(金) ― 2020年8月30日(日)

概要

【会期変更】没後35年 鴨居玲展

 本年、没後35年を迎える洋画家鴨居玲の回顧展です。1985(昭和60)年9月に57歳で急逝、その後5年ごとに開催されてきた巡回展も今回で7回目を迎えます。その他にも亡くなって間もないころから、追悼個展や回顧展が全国各地で開かれています。没後もこれほど永く人々に愛され、新たなファンを獲得し続ける画家は希有でしょう。
 鴨居玲は、新聞記者である父が金沢に赴任してきた1928(昭和3)年、金沢に生を受けました。その後を京城(ソウル)、大阪と転居し金沢へ戻ります。そして金沢美術工芸専門学校(現金沢美術工芸大学、以下美専)の一期生として卒業するまで青春時代を、当地で暮らしました。
 当展では、鴨居の画業を三期とするこれまでの考えを踏襲し構成しました。
 一章「模索~煩悶する若き画家~」では、美専在学中から41歳での安井賞受賞にいたる画家の苦悩を中心に紹介します。
 二章「画風の確立へ~充実の日々~」では、受賞後スペインに渡り、鴨居が「わたしの村」とよぶバルデペーニャスの人たちを題材に、自らの画風を確立していく充実の作品群を紹介します。
 三章「終焉への道~再びの煩悶~」。鴨居は、帰国後さらなる芸術の高みを目指し、裸婦・女性像という新たな題材に取り組みます。そして《1982年 私》(当館蔵)という最大の自画像を制作するに至る過程と、苦悩のすえに終焉を迎えるまでをご覧いただきます。
 常に「人間とは何か」を問い、自らの内面をえぐるように見つめつづけた鴨居玲。その軌跡を見つめ直す機会になれば幸いです。

開催日時

2020年7月31日(金) ― 2020年8月30日(日)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

観覧料
観覧料 一般 大学生 高校生以下 65歳以上
個人 1,000円 800円 無料 800円
団体 800円 600円 無料 800円

※団体は20名以上。県立美術館友の会会員、65歳以上の方は団体料金でご覧になれます。
また身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を持参の方とその介添えの方は無料です。

関連団体・企業
主催 石川県立美術館
共催 北國新聞社
企画協力 公益財団法人日動美術財団

作品紹介

鴨居玲《静止した刻》 1968年
鴨居玲《静止した刻》 1968年かもいれい せいししたとき
鴨居玲《1982年 私》 1982年
鴨居玲《1982年 私》 1982年かもいれい 1982ねん わたし
鴨居玲《夜(自画像)》 1947年 笠間日動美術館蔵
鴨居玲《夜(自画像)》 1947年 笠間日動美術館蔵かもいれい よる じがぞう
鴨居玲《蛾と老人》 1968年
鴨居玲《蛾と老人》 1968年かもいれい がとろうじん
鴨居玲《おばあさん(B)》 1973年
鴨居玲《おばあさん(B)》 1973年かもいれい おばあさんB
鴨居玲《Étude(B)》 1978年 公益財団法人ひろしま美術館蔵
鴨居玲《Étude(B)》 1978年 公益財団法人ひろしま美術館蔵かもいれい えちゅーどB

※一覧の作品画像は実際の比率ではありません。画像をクリックすると実際の比率で拡大画像が表示されます。

ページの最上部へ