Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

開催中 会期終了まで19日 展覧会

守景・岸駒 古美術 2020年7月31日(金) ― 2020年8月30日(日)

概要

守景・岸駒

 第2展示室では、作品を総入れ替えして、前回に引き続き「守景・岸駒」の特集展示を行います。守景の《四季耕作図》については、前回は重要文化財の「日本風」と石川県指定文化財の「中国風」を紹介しましたが、今回は「夕立の景」を大きく描いた旧浅野家本を展示します。
 旧浅野家本は「中国風」に描かれた《四季耕作図》で、季節は左から右へ流れています。左隻には牛や鍬鋤を使った田起こしから、苗運びと田植えの場面が、右隻には稲刈り、稲束運び、籾殻外し、脱穀、米運びの場面が描かれています。前回紹介した二つの作品と比べると、人物の姿がやや大きく、景色はよりクローズアップして描かれています。農作業の様子だけでなく、子どもたちの様子や夕立を避けて小屋へ逃げ込む人々の生き生きとした姿がうかがえます。
 この屏風は、加賀藩前田家とも婚姻関係にあった広島藩浅野家に伝わったもので、前田家から浅野家へ贈られた可能性も考えられています。「謎の絵師」とされる守景と加賀藩の関係がうかがえる貴重な一点です。
 守景の作品としては、その他《花鳥図》屏風と《笹に兎図・蓮に川せみ図》もあわせて紹介します。
 岸駒については、石川県指定文化財の《虎図》など計三点を展示します。

開催日時

2020年7月31日(金) ― 2020年8月30日(日)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

会場

第2展示室

観覧料
観覧料 一般 大学生 高校生以下 65歳以上
個人 370円 290円 無料 290円
団体 290円 230円 無料 290円

※団体は20名以上。65歳以上の方は団体料金でご覧になれます。
県立美術館友の会会員、また身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を持参の方とその介添えの方は無料です。

作品紹介

重要美術品《四季耕作図》 久隅守景(左隻部分)
重要美術品《四季耕作図》 久隅守景(左隻部分)じゅうようびじゅつひん しきこうさくず くすみもりかげ

※一覧の作品画像は実際の比率ではありません。画像をクリックすると実際の比率で拡大画像が表示されます。

作品一覧

ページの最上部へ