Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

終了 展覧会

優品選 近現代絵画・彫刻 2020年9月5日(土) ― 2020年10月18日(日)

概要

 四季のなかでも秋は、日本画にとって格好のモチーフです。紅葉や実りの秋という言葉などに見られる彩りの豊かさに加え、厳しい冬へと向かう寂しさのアンバランスが日本人の情感に訴えるのでしょう。展示では「白山の画家」玉井敬泉が描く《山の秋》や、下村正一《秋》など、大正から昭和初期にかけての作品も楽しんでいただきます。
 油彩画からは藤井肇《こんなにまで》を紹介いたします。藤井は金沢美術工芸大学油絵科を卒業後、主に個展を中心に活動。昭和51年には日本海造形会議を結成し、事務局長として企画・運営に奔走します。藤井の作品からは、既存の価値観からの脱却を制作のモティベーションとした、藤井の人生観が垣間見れます。
 「身体」は彫刻の基本としてすべての作家が通ってきた道といえますが、彫刻部門では今回、人体をモチーフとした作品のなかでも当館の個性派を集めてみました。人体と楽器が融合したようなフォルムが美しい木村珪二《鳴器》、女性の身体や性をテーマとした作品をつくり続けた堀義雄《女(へ)》などを展示いたします。
 実りの秋に向かうこの季節、脇田和の果物等をモチーフにした版画作品を展示いたします。ドイツでの美術学校時代からずっと続けてきた、脇田の版画制作。リトグラフ、メゾチント、シルクスクリーンなど様々な手法の作品をご紹介します。「画家であり版画家」といわれた脇田の、技法を超えた版画への表現意欲をお楽しみください。
展示作品一覧

開催日時

2020年9月5日(土) ― 2020年10月18日(日)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

会場

第3展示室、第4展示室

観覧料
観覧料 一般 大学生 高校生以下 65歳以上
個人 370円 290円 無料 290円
団体 290円 230円 無料 290円

※団体は20名以上。65歳以上の方は団体料金でご覧になれます。
県立美術館友の会会員、また身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を持参の方とその介添えの方は無料です。

作品紹介

藤井肇《こんなにまで》
藤井肇《こんなにまで》ふじいはじめ こんなにまで

※一覧の作品画像は実際の比率ではありません。画像をクリックすると実際の比率で拡大画像が表示されます。

作品一覧

ページの最上部へ