Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

終了 展覧会

優品選Ⅱ 近現代工芸 2020年10月23日(金) ― 2020年11月15日(日)

概要

 前会期の優品選Ⅰより引き続きまして石川の近現代工芸を、総合的にご覧いただくとともに、普段まとまってご覧いただく機会の少ない染色パネルをⅠ・Ⅱ期と展示替えしながら公開しております。
 Ⅱ期のおすすめ作品は堀友三郎《古代を憶う》です。堀氏がインドネシアへ更紗の研究に出かけた際に訪れたポロブドール遺跡の印象をまとめたもので、のり筒でポロブドール遺跡の情景を描き、風紋はすべて糸目糊を引いて、染めと糊置きを繰り返し表現されています。紀元前に造られた悠大な、そして美しくロマンに溢れた遺跡という堀氏の印象が巧みに表現された作品です。昭和47年第4回改組日展出品作です。

展示作品リスト

開催日時

2020年10月23日(金) ― 2020年11月15日(日)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

会場

第5展示室

観覧料
観覧料 一般 大学生 高校生以下 65歳以上
個人 370円 290円 無料 290円
団体 290円 230円 無料 290円

※団体は20名以上。65歳以上の方は団体料金でご覧になれます。
県立美術館友の会会員、また身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を持参の方とその介添えの方は無料です。

作品紹介

堀友三郎《古代を想う》
堀友三郎《古代を想う》ほりともさぶろう こだいをおもう

※一覧の作品画像は実際の比率ではありません。画像をクリックすると実際の比率で拡大画像が表示されます。

ページの最上部へ