Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

開催中 会期終了まで18日 展覧会

特別陳列 きらめく美 北陸ゆかりの截金作家たち 2020年11月19日(木) ― 2020年12月20日(日)

概要

きらめく美

 6か月順延しての開催です。平安時代から鎌倉時代の仏教美術の装飾に用いられた「截金(きりかね)」技法を、表現の主体とする北陸ゆかりの三作家、西出大三(1913~1995)と、高瀬孝信(1931~2001)、山本茜(1977~ )を紹介します。 
 截金とは金などの箔をごく細かい方形や、髪の毛よりも細い線に切り、膠(にかわ)や布海苔(ふのり)で貼り付けて、光り輝く繊細な文様を構成する技法です。仏教美術における截金は、貴族社会の終焉とともに衰退し、京都の本願寺系仏画師の間に技法が継承されました。
 截金の人間国宝3名はいずれも故人で、齋田梅亭(1900~1980)と江里佐代子(1945~2007)は、仏教美術の截金師でもあります。対して西出大三だけが、木彫と古美術の修復を学ぶ中で截金に出会い、独学で技術を研究・習得した、いわば「門外漢」から道を究めた作家です。
 齋田の高弟・高瀬の作品は、師譲りの端正な截金装飾に樹脂をコーティングし、上からさらに截金を施すという、独自の工夫がなされています。摩擦に極めて弱い截金を、長く遺すために考え抜かれた技法です。
 江里に師事した山本は、截金の脆弱さの克服に加え、西出と同様に截金を施す土台も制作したいという思いから、ガラスの中に截金を封じ込める作品を創案しました。
 截金という技法に魅せられ、技術を究めた三作家による、唯一無二の作品世界を感じ取っていただければ幸いです。

展示作品リスト

開催日時

2020年11月19日(木) ― 2020年12月20日(日)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

会場

第5展示室

観覧料
観覧料 一般 大学生 高校生以下 65歳以上
個人 370円 290円 無料 290円
団体 290円 230円 無料 290円

※団体は20名以上。65歳以上の方は団体料金でご覧になれます。
県立美術館友の会会員、また身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を持参の方とその介添えの方は無料です。

作品紹介

山本茜《虹をかける》
山本茜《虹をかける》やまもとあかね にじをかける
高瀬孝信《截金飾箱 花の城閣》 砺波市美術館蔵
高瀬孝信《截金飾箱 花の城閣》 砺波市美術館蔵たかせたかのぶ きりかねかざりばこはなのじょうかく
西出大三《截金彩色合子 花守犬》 石川県立美術館蔵
西出大三《截金彩色合子 花守犬》 石川県立美術館蔵にしでだいぞう きりかねさいしきごうすはなもりいぬ
山本茜《一葉舟》
山本茜《一葉舟》やまもとあかね ひとはぶね
高瀬孝信《截金砂子秋草文飾唐櫃》 砺波市美術館蔵
高瀬孝信《截金砂子秋草文飾唐櫃》 砺波市美術館蔵たかせたかのぶ きりかねすなごあきくさもんかざりからびつ
西出大三《截金彩色油色 花の合子》 石川県立美術館蔵
西出大三《截金彩色油色 花の合子》 石川県立美術館蔵にしでだいぞう きりかねさいしきゆしょくはなのごうす
山本茜《深淵を覗く》 Ⓒ鍋島徳恭
山本茜《深淵を覗く》 Ⓒ鍋島徳恭やまもとあかね しんえんをのぞく
高瀬孝信《截金竹丸流水花文四方盆》 砺波市美術館蔵
高瀬孝信《截金竹丸流水花文四方盆》 砺波市美術館蔵たかせたかのぶ きりかねたけまるりゅうすいかもんよほうぼん
西出大三《截金彩色飾盆 浮舟》 石川県立美術館蔵
西出大三《截金彩色飾盆 浮舟》 石川県立美術館蔵にしでだいぞう きりかねさいしきかざりぼんうきふね

※一覧の作品画像は実際の比率ではありません。画像をクリックすると実際の比率で拡大画像が表示されます。

作家紹介

山本茜(1977~ )やまもとあかね

金沢市生まれ。京都市立芸術大学で日本画を学び、重要無形文化財「截金」保持者の江里佐代子に師事。卒業後、富山ガラス造形研究所でガラス成形を習得し、截金ガラス作品を創案。日本伝統工芸展でNHK会長賞を受賞。日本工芸会正会員。

高瀬孝信(1931~2001)たかせたかのぶ

大阪府堺市に生まれ、富山県で育つ。京都の截金仏画師で、後の重要無形文化財「截金」保持者の齋田梅亭に内弟子として師事する。独立後は、日本伝統工芸展等で活躍。同展で日本工芸会総裁賞、高松宮記念賞を受賞。鑑査委員も務めた。

西出大三(1913~1995)にしでだいぞう

加賀市生まれ。古美術修復を通じて截金の研究を重ねる。1955年、国の記録作成等の措置を講ずべき無形文化財として、截金の技術記録を提出。精緻な截金を施した木彫彩色作品が高く評価され、1985年に重要無形文化財「截金」保持者に認定。

ページの最上部へ