Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

開催中 会期終了まで24日 展覧会

新春優品選 古美術 2021年1月4日(月) ― 2021年2月7日(日)

概要

 前田育徳会尊經閣文庫分館に同じく、第2展示室においても「新春優品選」として、本館が所蔵する茶道具を展示します。はじめに、毎年この時期に展示することの多い、重要文化財の野々村仁清《色絵梅花図平水指》についてご紹介しましょう。
 仁清は、京焼という京都で焼かれる陶磁器の大成者といわれます。その特徴は華やかさと品格を備えた作風です。昨年MOA美術館にて開催された展覧会『仁清 金と銀』(※当館からの出品はなし)では、代表的な茶壺だけでなく、茶碗や香合、香炉なども紹介されました。仁清の豊かな造形力に改めて注目が集まりましたが、本館にて常時展示中の国宝《色絵雉香炉》や重要文化財《色絵雌雉香炉》、そしてこの平水指についても、他に類のない仁清の代表作品です。
平水指の周囲を、どっしりとした幹の枝から咲く梅花が包みます。デザイン化された梅花は、赤だけでなく金と銀も用いて表現されており、より華やかな印象を与えます。華やかさのみならず迫力もあり、水指の径は20センチメートル以上です。今回は、同じく仁清の《色絵花笠香合》も展示します。こちらは手のひらに乗るような小さな作品ですが、香合の形を花笠に見立てた美しい作品です。
 本特集では、その他数年前に新収蔵となった石川県指定文化財《粉引茶碗 銘楚白》、同じく県指定文化財《青井戸茶碗 銘宝樹庵》など、金沢に伝わった茶道具を紹介します。本館のコレクションの母体である山川美術財団旧蔵の茶碗や香合も是非ご覧ください。

展示作品リスト

開催日時

2021年1月4日(月) ― 2021年2月7日(日)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

会場

第2展示室

観覧料
観覧料 一般 大学生 高校生以下 65歳以上
個人 370円 290円 無料 290円
団体 290円 230円 無料 290円

※団体は20名以上。65歳以上の方は団体料金でご覧になれます。
県立美術館友の会会員、また身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を持参の方とその介添えの方は無料です。

作品紹介

重要文化財《色絵梅花図平水指》 野々村仁清
重要文化財《色絵梅花図平水指》 野々村仁清いろえばいかずひらみずさし ののむらにんせい

※一覧の作品画像は実際の比率ではありません。画像をクリックすると実際の比率で拡大画像が表示されます。

ページの最上部へ