Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

予告 展覧会

いしかわゆかりの肖像 近現代絵画・彫刻 2021年4月18日(日) ― 2021年5月23日(日)

概要

 企画展「かお・すがた・こころ―肖像と近代―」にあわせ、石川県ゆかりの肖像作品を紹介いたします。
 当館では数はさほどではないものの、充実した日本画の肖像作品をご覧いただけます。中でも稲元実は、自らの家族を主題に描き続けた日本画家でした。今回展示する《父子》は、思春期前の長女をそっと抱き寄せる、父の思いが伝わる作品です。その他にも坂根克介《帽子の女》、中村徹《二人》などを展示します。
 油彩分野では、家族を描いた有岡一郎《家族》、西田伸一《刻・遠いみち》、親しい人々を描いた中村研一《安宅弥吉像》、八野田博《老人》、また知り合いの画家をモデルにした遠田運雄《憩う》、松本昇《N氏の午後》のほか、鴨居玲《1982年 私》、伊東哲《自画像》、木下晋《自画像》などの個性的な自画像表現もご鑑賞ください。
 彫刻分野では、金沢市生まれの吉田三郎の作品が見どころとなります。晩年、知人の肖像を楽しんで制作した作品群のひとつである《金山平三像》、石川ゆかりの人物をモニュメンタルに制作した《青木外吉像》や《高峰譲吉像》、肖像の残っていない人物を想像して制作した《友禅像》などを展示いたします。
 素描・版画分野から宮本三郎の木版画《舞妓十二題》を展示いたします。宮本三郎の描いた素描淡彩画の原画を、その当時の木版画界最高レベルの彫師と摺師を人選し仕上げた作品です。季節ごとの行事の装いや、何気ないしぐさの可憐な姿など、日本の美の結晶と京舞妓に魅せられ、描き続けた宮本の舞妓の作品群をご覧下さい。
 企画展とあわせ、バラエティ豊かな人のかお・すがた・こころをお楽しみください。

開催日時

2021年4月18日(日) ― 2021年5月23日(日)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休

会場

第4展示室

観覧料
観覧料 一般 大学生 高校生以下 65歳以上
個人 370円 290円 無料 290円
団体 290円 230円 無料 290円

※団体は20名以上。65歳以上の方は団体料金でご覧になれます。
県立美術館友の会会員、また身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を持参の方とその介添えの方は無料です。

作品紹介

吉田三郎《辻永像》
吉田三郎《辻永像》よしださぶろう つじひさしぞう

※一覧の作品画像は実際の比率ではありません。画像をクリックすると実際の比率で拡大画像が表示されます。

ページの最上部へ