Loading
画面を読み込んでいます

展覧会/イベントExhibitions/Events

終了 展覧会

各種団体展 第68回 日本伝統工芸展 金沢展 第7・8・9展示室 2021年10月23日(土) ― 2021年11月3日(水)

概要

 我が国は、四季の気候条件に恵まれ、多様な自然環境を形成しています。その中で、各地の風上に根ざした工芸品が生み出され、伝統技術を大切に継承し発展させてきました。日本伝統工芸展は、この優れた伝統技術の保護と後継者の育成、ならびに伝統工芸に対する普及を目的として、毎年開催されるものです。
 日本伝統工芸展は本年で68回目を迎えます。陶芸・染織・漆芸・金工・木竹工・人形・諸工芸(七宝・ガラス・截金など)の7部門の入選作品560点(遺作1点を含む)の中から、受賞作および重要無形文化財保持者(人間国宝)・鑑審査委員・受賞者の作品、石川・富山・福井の作家の入選作品を含め、約320点を展示します。
 人形部門では、高田和司氏が《木芯桐塑和紙貼「蒼天」》で高松宮記念賞を受賞しました。高田氏は、本展には令和元年度に初入選しており、今回初受賞となります。
 漆芸部門では、水口咲氏が《乾漆箱「新雪」》でNHK会長賞を受賞しました。人間国宝・小森邦衞氏に師事し、やわらかな肌合いの塗立について研究を重ね、第62回で初受賞、今回2度目の受賞となります。また、同じく漆芸部門で富山県からしんたにひとみ氏が《乾漆銀平文はちす箱》で朝日新聞社賞を受賞しました。しんたに氏も第65回で初受賞、今回2度目の受賞となります。
 今回石川県の入選者は60名、県別の入選者数としては全国一です。本稿で紹介した受賞者以外にも、県内外の工芸作家が受け継がれた技術を研鑽し、作品を発表しています。時を超えた名品が生まれる、伝統工芸最高水準の公募展を、本年度もどうぞお楽しみください。

チラシのダウンロードはこちら

記念講演会

演題  無形文化財としての工芸の意義
講師  山崎剛 氏(金沢美術工芸大学 学長)
日時  10月31日(日)13時30分~15時
会場  美術館ホール(聴講無料)
お問合せ:日本伝統工芸展金沢展実行委員会事務局(県文化財課内) TEL 076-225-1841

*事前申し込み制(メール、FAXのみ)
氏名(よみがな)、住所、電話番号、メールアドレス(またはFAX番号)を記載の上、メール(bunkazai@pref.ishikawa.lg.jp)またはFAX076-225-1843までご応募ください。(申込締切:10月22日 (金))
申し込み多数の場合抽選となります。結果はメールまたはFAXにてお知らせします。

会場当番
日時午前午後
10月24日(日)金工部門染織部門
10月25日(月)漆芸部門木竹工部門
10月26日(火)金工部門陶芸部門
10月27日(水)漆芸部門木竹工部門
10月28日(木)陶芸部門木竹工部門
10月29日(金)漆芸部門陶芸部門
10月30日(土)漆芸部門木竹工部門
10月31日(日)金工部門第68回展 記念講演会
11月 1日(月)陶芸部門染織部門
11月 2日(火)染織部門人形部門
11月 3日(水・祝)漆芸部門陶芸部門

※本年は新型コロナウイルスの影響により展示作品解説がありませんので、上記の日程で各部門の作家が常駐します。お気軽にお尋ねください。

開催日時

2021年10月23日(土) ― 2021年11月3日(水)
9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休
最終日は17時閉室。

会場

第7展示室、第8展示室、第9展示室

観覧料
観覧料一般大学生高校生以下
個人700円400円無料
団体600円300円

無料

※周辺の文化施設との相互割引あり。対象展覧会の入場券の半券をご提示いただくと、割引料金でのご入場が可能です。詳細は兼六園周辺文化の森ウェブサイトをご覧ください。

※団体は20名以上。65歳以上の方、県立美術館友の会会員は団体料金でご覧になれます。
また、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持参の方、付き添いの方は無料です。

関連団体・企業
主催 石川県教育委員会、日本放送協会金沢放送局、朝日新聞社、北國新聞社、公益財団法人 日本工芸会
後援 富山県教育委員会、福井県教育委員会

作品紹介

日本工芸会総裁賞《風通織木綿着物「青海」》小林佐智子(愛知)
日本工芸会総裁賞《風通織木綿着物「青海」》小林佐智子(愛知)
文部科学大臣賞《黒檀嵌荘匣「深山の彩」》三浦信一(兵庫)
文部科学大臣賞《黒檀嵌荘匣「深山の彩」》三浦信一(兵庫)
東京都知事賞《蠟型鋳銅花器》高橋阿子(京都)
東京都知事賞《蠟型鋳銅花器》高橋阿子(京都)
NHK会長賞《乾漆箱「新雪」》水口咲(石川)
NHK会長賞《乾漆箱「新雪」》水口咲(石川)
朝日新聞社賞《乾漆銀平文はちす箱》しんたにひとみ(富山)
朝日新聞社賞《乾漆銀平文はちす箱》しんたにひとみ(富山)
日本工芸会会長賞《窯変筒花器》羽石修二(茨城)
日本工芸会会長賞《窯変筒花器》羽石修二(茨城)
日本工芸会保持者賞《桜拭漆器「望春」》甲斐幸太郎(大阪)
日本工芸会保持者賞《桜拭漆器「望春」》甲斐幸太郎(大阪)
日本工芸会奨励賞《硝子花入「五月雨」》安達征良(千葉)
日本工芸会奨励賞《硝子花入「五月雨」》安達征良(千葉)
日本工芸会新人賞《布目象嵌花文箱》近藤亮平(東京)
日本工芸会新人賞《布目象嵌花文箱》近藤亮平(東京)

※一覧の作品画像は実際の比率ではありません。画像をクリックすると実際の比率で拡大画像が表示されます。

ページの最上部へ